スケジューリング管理をするならグループウェアは必要

###Site Name###

コンピューターネットワークの発達により、企業内によってはイントラネットが構築され、そしてインターネットにも接続出来る環境が整いました。

イントラネットやインターネットが日本の企業内に普及して来た際には、電子メールを利用して連絡をする事が一般的でした。

例えば、ミーティングの開催日や顧客先への訪問日、あるいは担当者レベルの一寸した打ち合わせ等が挙げられます。



電子メールは電話の様に性急な連絡では無い場合には、便利なツールであると言えるでしょう。
しかし、それは状況により変わります。



電子メールを送る相手が多忙な人であったり、数日間の休みを取っていた等の場合では、大量のメールを閲覧する可能性が高くなるでしょう。
そうすると、一般的には優先度が高いと考えられる所から目を通して行くでしょうし、打ち合わせ等が幾つも入っていたりすると、そのまま見過ごされてしまう可能性が高くなります。


この様な問題を解決しスケジュール管理を効率化したものが、グループウェアというソフトウエアです。

一昔前のグループウェアでは企業内等の、サーバーを用意するタイプが一般的でした。

朝日新聞デジタルの情報を探している方はこちらのサイトがおすすめです。

しかしながらクラウドコンピューティングが普及している現在では、ソフトウエアを利用した分だけ課金されるというSaaS型のグループウェアが主流である模様です。


前述した様なグループウェアを利用すれば一目瞭然で、スケジュールを新規に入れたり複数の関係者をまとめてスケジューリングする事も出来ますし、メーラー機能等が搭載されている事が一般的と考えて良いでしょう。